スバババっとお金を借りるTOPへ戻る


お金の借り先の選び方

【アドバイス】パソコンからも審査できるところを選ぼう

お金を借りる審査をお願いする時には、いくつか方法があります。忙しい方であればパソコンやスマホからアクセスをして、そこから審査の申込みをしましょう。朝に会社に行く空き時間などでもサクっとできますので、とても便利だと感じる事ができます。
この他にはお店に直接行って、担当の方の話を聞きながら審査の申込みをする事ができます。無人契約機などもありますので、対面よりもリラックスして申込みできるという方にはオススメです。もし疑問や質問がある時にも、しっかりと話を聞きながら最後まで記入をして、その場で通過すれば現金も手にする事ができます。普通の銀行のカウンターのような感じですので、気構える必要はありません。
この時、特に対面ではその方の雰囲気も見られています。申し込みに行く時にはあまり華美な格好をするのは避けて、清潔で真面目さが出るような格好をしましょう。例えばブランドバックに高級時計をつけてお金を借りる申込みに来ても、相手の担当者には良く映りません。そういったものにお金を使って、返済できなくなっている人と見られてしまいます。話し方などもだらしがなければ、お金の返済の時にも心配されます。
その方の年収や生年月日などから機械でも借入OKな額が出てくるのですが、そこで30万円と出ていてもだらしのない雰囲気があると20万円に減額されてしまったりするのです。そのくらいに雰囲気は大切なので、申し込みに行く時は気を付けましょう。

【アドバイス】お金を借りるということの現在(これ以下のサービスは避けよう)

給料日前にはいつも財布の中がから寸前にまで陥ってしまうという人や、欲しいものがあると後先考えずについ買ってしまうといった人は、お金に困ることもあるのではないでしょうか。そんな時に頼りになるのがお金を借りることです。しかし、利用できるようにするには審査にパスする必要があります。今や消費者金融はもちろん、銀行系カードローン会社も多数ありますので、どこで借りるかという選択肢は豊富になってきています。そのため、どこが借りやすいかで比較検討できるようになりました。
今やグレーゾーンの撤廃によって、あらかじめ消費者金融や銀行系カードローンでは借り入れの際の返済利息はいくらであると表示することが義務付けられるようになっています。これによって返済計画が事前にしっかり練られるようになり、借金が雪だるま式に膨れ上がる危険性も低くなったでしょう。ただし、返済が滞る事態をできるだけ避けるためにも、前もって複数のお金を借りること会社を比較検討して、どこがもっとも利息が低く、負担を少なくして借りられるかを探す必要があるといえます。
ただし、金利が低いところを見つけたと喜んで申し込んでも、必ず利用できるようになるとは限りません。お金を借りることを利用するにあたっては、どこの会社に申し込んでも審査を受ける必要があるからです。この人には貸しても大丈夫かどうかを調べるものですが、これにパスしないことにはいくら利息が安いところを見つけられても、利用することはままならないわけです。そのためにとっておくべき対策としては、きちんと仕事につき、毎月決まった収入を手にしておくことです。
救いがあるとすれば、仕事に就くにあたっては正社員でなくてもパート社員やアルバイトでも大丈夫だというところでしょう。パートやアルバイトでも定収があれば審査をパスできるので、お金に困ったときにはすぐに解決することができます。