スバババっとお金を借りるTOPへ戻る


お金を借りる際の審査について

【アドバイス】お金を借りることを利用する時は審査が必要です

お金を借りることを利用する時は、最初に審査を受ける必要があります。これによってその人に融資しても良いかどうかと言う事を金融機関側が判断する事になるので、これを省略する事はできません。勿論そのステップを飛ばして融資と言う金融機関もありますが、安全に、そして正しくお金を借りると言う点から考えるとそういう金融機関の利用は十分注意しましょう。
自分に関する事を問われるだけなので、テストの時みたいに予習などをしていく必要はありません。正しく、正直に、ありのままの事を伝えましょう。ただ融資自体は全ての人が受ける事が出来る訳ではなく、その結果によっては融資不可と言う判断がされてしまうので注意が必要です。
審査に落ちてしまったら、次の金融機関に融資の申し込みをします。大手の方が経営も安定しているのでお勧めですが、大手が無理そうだと言う時には中小に目を向けてみるのも良いでしょう。そうする事によってお金を借りることを利用する事が出来る場合もあります。
お金を借りる申込をする時は、1ヶ月に3社までにしましょう。それ以上申込をしてしまうと申し込みブラックと言う状態になり、融資自体を受ける事が出来なくなってしまいます。融資の申し込みをしたと言う情報は半年間残るので、審査に落ちてしまった時は半年程はおとなしくして、時間が経過してから再度申し込みをする方が無難です。くれぐれも一度に何社にも申し込みをしないようにしましょう。

【アドバイス】お金を借りるには審査がある

お金を借りることと言うのは安定した収入があれば一般的には利用する事が出来ますが、中にはなかなか審査に通らないと言う人も珍しくありません。出来るだけ確実にお金を借りる為にも、どういう基準になっているのかを知ると言う事はとても重要な事になります。そういう事を知っておくと、どこの金融機関に申し込むべきなのかという事も次第に見えてきます。
お金を借りることを利用する場合、金融機関側としてはその人が返済してくれるかどうかと言う事が重要なポイントになります。その為、その人がどこに勤めているのかという事を重視する金融機関は少なくありません。条件として良いと判断されやすいのが公務員、その次が大企業、中小企業と言う風に続きます。その勤め先がどれだけ安定しているかは重要なポイントになります。
パートやアルバイトの場合は、どうしても収入が少ない、またいつまでもその形で働き続ける事が出来ない可能性があります。従ってパートやアルバイトで働く人よりも正社員で働く方が当たり前ですが良い条件だと言って良いでしょう。ただ現在では雇用形態は問わないと言う金融機関も多く存在しているので、雇用形態を問わないと言う事を前面に出している金融機関を選ぶのも一つの方法と言えます。
実際にお金を借りることを利用する場合は、勤続年数も大きく影響します。例えば、働き出してまだ2か月程度の年収1000万円が期待できる人と、既に5年程働いていて年収500万円の人の場合、どちらが融資を受けやすいでしょうか。実は後者の方が審査には通りやすいと言う事になります。これは、前者の方はまだ2か月しか働いていないので、本当に安定した収入を得る事が出来るかどうかという事が分からです。一般的には働き始めて半年経過していない場合は、実は条件的にも厳しいと言わざるを得ません。